SEO関連ならこのプラグイン!『Yoast SEO』

ハピなる♪めみ子だよ!

前回の更新でGoogle AdSense合格までの下準備で必要はプラグインを軽く紹介したけど今回は、最低限だけどちょっと突っ込んで話していくよ。

今回は、『Yoast SEO』というプラグインについてまとめるからね。
でも、このプラグインはSEO対策がされていないテーマ限定で使うことをおすすめしているよ。

あなたのWordPressのテーマはSEO対策はついていますか?

ブログを利用して、お金を稼ぎたいなら欠かせないのはやはりSEOである。
また、どんな言葉を利用して自分のブログに来てほしいか考えるにも必要なのがSEOである。

めみお
そもそもSEOって何?

と思う人も多いだろう。

SEOとは、次のように言われている。

SEOとは
『Search Engine Optimization』の省略されたものである。また、検索結果でWEBサイトがより多くの見られるために行われる取り組みのことを『SEO対策』と言う。
めみ子
つまり、誰かが検索した結果、自分のホームページが見られるようにアピールすると言うことだね!

『JIN』、『SANGO』、『AFFINGER』にはSEO対策は入っているが、STOKEには入ってないので、SEOプラグインを入れないといけなかったの。

『Yoast SEO』をインストール

プラグインを選び、虫眼鏡マークの検索ボックスに『Yoast SEO』と入力するだけ。

紫色のアイコンが目印である。

インストールが、完了したら設定である。

基本設定をしよう!

さあ、ここからが勝負。
今回は、以下の3つの設定のみ説明するよ。

  • 全般
  • Search Appearance
  • ソーシャル

全般:ウェブマスターツール

Google Search Consoleと自分のブログが連携してから行うことが前提になるけど、まずはこのYoastSEOとも連携しようと言うことで説明をしていく。

  1. 全般の欄を選び、「WebmasterTools」と言う箇所を選ぶ
  2. すると以下のような画像が出てくるので、上から3番目の『Google verification code』の白い四角にGoogleSearch Consoleからコードをコピペする。

2.5.コード取得方法
白い四角の下にある青線で引かれたGoogle Search Consoleを利用してGoogle Search Consoleに入る。

そうすると下の画像のページに入るので、「HTML tag」を選択し、コードをコピーする。

 

その下のページに戻り、コピーしたものを貼り付ける。

Search Appearance:タイトルやサイトの説明、区切り文字の設定

タイトルやサイトの説明は検索結果で出てきた時になんと言う名前で、どういった内容が書いてあるのか、分かるようにするためのものである。

また、サイトの名前や説明を区切る線もいくつか選べるので、合わせて説明するよ。

  1. Search Appearanceを選び、タイトル区切り文字と言う箇所を見つけ好きな区切り線を選ぶ。
  2. そのあとメタディスクリプションでサイトの説明を入力し、保存する。

ソーシャル:SNS のURLの入力

SEOは、検索はもちろんだが、SNS を見て入る人もいるだろう。

そこでSNS も入力しておくと便利である。

SNS のURLをコピペし、保存。そのあとSNS のIDを入力し、保存。

自分が持っているSNS を登録していこう。

まとめ

今回は、本当に初心者が触れるくらいの範囲をまとめた。

この『YoastSEO』は、日本語対応している部分が少ないので辞書で単語を引くことが多いけど、分かると意外にできる。

また、もっと色々いじりたいという方は下記のリンクを見ると分かりやすく色々書かれているので読んでください。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

じゃねばーい‼️

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です